エントリー

中信ビジネスフェア2021

またまた、お久しぶりの投稿になってしまいました。

いつも楽しみに待っていただいている方、申し訳ございません😭

 

皆さんお元気ですか!!

弊社社員は全員元気に過ごしております!😄

 

 

さて! 緊急事態宣言も解除された106日・7日の二日間にわたり!


京都府総合見本市会館(京都パルスプラザ)で行われました、【中信ビジネスフェア2021】に参加して来ました!!!

 

 

 

まずは、展示ブースの様子をお見せいたしますね!

 

今回出展させて頂いた商品は、【産業用自家消費型ソーラー発電システム(蓄電池)】です。

 

CO₂の削減や電力会社に頼らない電力の安定供給を目指し、太陽光による自然エネルギーで作られた電気を蓄電池に貯めることで、災害時や無電化地域の電力供給源としても活用していただけることを目的にしております!

 

また、今回の展示会では【産業用自家消費型ソーラー発電システム】を使用したSOLAR STAND 30や新しい《農業×自家消費型ソーラーシステム》の新栽培農業を紹介させていただきました!

 

 

少しだけご紹介させて頂きますね!

 

SOLAR STAND 30 / SOLAR STAND 9

 

架台に太陽光パネル30枚(または9枚)を付けたもの

雨除け用の屋根として、カーポートとしてなど様々な用途でご使用いただけます。

使い方はあなた次第😎

 

農業×自家消費型ソーラーシステム

完全オフグリットの栽培施設です。

 

私たちの提案するハイブリッド型ユニットハウスは、施設園芸知見とLED 照射技術及び太陽光発電技術・蓄電コントロール開発技術の融合で新しい栽培農業を可能にしました。

従来の閉鎖型植物工場と異なり培地栽培の多段化・省エネ化を実現!

多品種の農作物を低ランニングコストで生産することが可能になります。

自然エネルギーによって作られた電気を自家消費に回すことによって植物育成に必要な電気を供給することで、施設に必要な電気量を軽減することができます。

 

余っているスペースを有効活用したいと考えておられる方がいましたら、新しい栽培農業を始めてみませんか?

 

 

そして、今回は滋賀県甲賀市にあるECO農園信楽の新栽培農業で作られた野菜🥬やサラダ🥗をブースにお立ち寄りいただいた方々にプレゼントさせていただきました。